TOP >下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、足にある静脈に血が溜まり血管が
膨らむ病気で、特に女性に多く見られる病気の一つです。

下肢静脈瘤は良性の病気ですので、治療せずに放置しがちの方もいらっしゃるのですが、下腿色素沈着や潰瘍形成など重い症状に発展するケースも多いため早期発見、早期治療が重要となります。

下肢静脈瘤は保険適応レーザーで治療することができます。
まずは、専門医にご相談ください。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させますので日常生活にも支障をきたす場合も多く、早期の治療をお勧めいたします。

症状の割合その他 24% こむら返り 5% かゆみ 6% むくみ 9% 痛い、重い だるい 56%その他 24% こむら返り 5% かゆみ 6% むくみ 9% 痛い、重い だるい 56%

下肢静脈瘤ができるメカニズム

血液の流れ血液の流れ

足にはきれいな血液を運ぶ動脈と、汚れた血液を運ぶ静脈があります。動脈は心臓から足元へ血液が送られるのに対して、静脈は足元から心臓へ向かって血液を戻します。

→
正常な弁正常な弁

血液の循環をスムーズに行うため、静脈の血管の中には「ハ」型の弁がついており、血液の逆流を防いでいます。

→
弁の機能不全弁の機能不全

ただし、血液の逆流を防止する弁が何らかの影響で、機能不全に陥った場合、血液は正常に流れることができず、逆流をしてしまいます。

→
下肢静脈瘤下肢静脈瘤

弁の機能不全による血液の逆流作用により、血管内に血液がどんどん溜まってしまいます。その為、血管が太くなってコブのように盛り上がり、皮膚の上からもわかるほど見た目にもはっきりと血管が表面に浮かび上がります。

下肢静脈瘤の要因

下肢静脈瘤の要因のほとんどが遺伝的体質によって影響されます。両親が静脈瘤だと約90%、片親が静脈瘤だと45%の割合で発症します。また、妊娠、出産などでホルモンバランスが崩れた際や、長時間の立ち仕事をされている方等も発症しやすいのでご注意ください。

下肢静脈瘤という病気は遺伝性が高い病気です

遺伝
下肢静脈瘤という病気は遺伝性が高い病気です。 
お母様、娘様と一緒に来院される患者様も多く、湘南メディカルクリニックにも親子で治療される患者様が多数いらっしゃいます。

当院の下肢静脈瘤治療の特徴

当院の下肢静脈瘤治療はお客様のご負担が少なく、的確な効果が出るレーザー治療をオススメしております。
また、当院の特徴としては、保険適用レーザーを患者様にご提供しております。
エルベスレーザー

下肢静脈瘤のよくあるお悩み

下肢静脈瘤について更に詳しく知る

下肢静脈瘤の基礎知識
下肢静脈瘤を治療しよう
下肢静脈瘤を予防する
まずはお気軽に
ご相談ください
0120-612-900
診療時間AM10:00~PM7:00
資料請求
無料メール相談
診察WEB予約
説明会予約
来院者数
3,740
下肢静脈瘤治療実績
2,547症例
お気軽にご相談下さい
診療時間AM10:00~PM7:00
予約制/月曜、火曜休診
資料請求
無料メール相談
診察WEB予約
説明会予約
クリニック案内
下肢静脈瘤専門
横浜静脈瘤クリニック
提携クリニック
・横浜駅東口直結
 横浜スカイビル16F
・京浜急行電鉄横浜駅
 徒歩3分
・東横線みなとみらい線
 横浜駅徒歩5分
西川医師ブログ
facebook
初診の方
簡易診断
メディア掲載
提携クリニック
人間ドック
page top