下肢静脈瘤

当院は痛みが少なく、
脚に傷跡が残りにくい治療を行っております。

切らない治療の良さについて

下肢静脈瘤治療には2種類の治療法があります。

レーザーで静脈逆流を止める
静脈瘤のコブはメスを使わず
切らずに治療する方法
レーザーで静脈逆流を止める
静脈瘤のコブは
メスで切り取る方法

レーザー手術が開発される前までは、下肢静脈瘤に対する根治的な手術はメスを用いたストリッピング手術(血管を引っこ抜く手術)しかなく、静脈瘤のコブも最小切開法(スタッブアバルジョン法)で切除していました。私もこれまで多くのストリッピング手術や最小切開法(スタッブアバルジョン法)を行なってきました。

現在、レーザー手術が日本にも導入され数多くの施設でレーザー手術が行われるようになりましたが、それでもほとんどの施設が未だにコブは切って切除しています。

当院ではレーザー手術に特化することで、徹底して「全く切らないレーザー手術」を行なっています。

「余分な手術をしない、余分な傷をつけない。」

これが当院の「切らないレーザー手術」です。

なぜ、今、「切らない」レーザー治療なのか―3つの理由

  • 静脈の逆流を
    停止し、瘤を小さく
    してからの方が
    処置が容易

  • 切らなくても
    済む場合の方が多い

  • 当然切らないから、
    痛みが少ない

切らない治療と切る治療の比較

切らないレーザー治療
  • 痛みが少ない※術後、痛み止めは
    いらないことが多い
  • 傷が無く、仕上がりが
    キレイです
メスを使った静脈瘤除去治療
  • 切るので痛い
  • 傷跡が残る

下肢静脈瘤の治療法は、現在では
「切らない低侵襲なレーザー治療」が基本なのです。

レーザー治療は痛くないのか?

患者様が手術で一番気になるのは、「痛み」についてです。当院ではその「痛み」について徹底的に配慮しています。
ほとんどの患者様から、「思ったほど痛くなかった。これならもっと早くに手術すべきだった」というお声をいただきます。
また、手術中の不安も、医師・看護師が常に「お声かけ」をすることで、安心して手術を受けていただけるようにしています。
患者様の手術に対する「痛み」や「不安」をできる限りケアしていきたいと考えています。

実際の写真

実際の写真

こちらの患者さんは、左下肢静脈瘤は他院でレーザー治療を受けられました。切った部位の痛みがひどく術後もかなり痛かったそうです。この痛みのために右下肢の手術を受けられなかったそうです。

そこで、右の下肢静脈瘤は、当院で受けてくださいました。その足の写真が下にございます。

実際の写真

左の写真を見て頂くとわかる通り、術前は右下肢も結構ボコボコしていましたが、当院の切らないレーザー治療で、痛みなく治療できました。

最後に、この患者様に右下肢は全く痛くなかったと言って頂けました!

レーザー治療

当クリニックでは保険適応レーザー治療をご用意しております。
レーザー治療の特徴としては、痛みが少なく治療した当日に
歩いて帰れます
し、次の日には仕事もできます
また、術後の突っ張り感や違和感も早期に消失します。

監修医師紹介

百川文健医師
横浜静脈瘤クリニック
百川 文健医師
保有資格
日本外科学会 外科専門医日本脈管学会 脈管専門医 / 下肢静脈瘤 血管内焼灼術指導医
経歴
2006年弘前大学医学部医学科卒業
2007年東京慈恵会医科大学付属病院初期研修
2009年東京慈恵会医科大学柏病院外科勤務
2010年厚木市立病院外科勤務
2011年春日部市中央総合病院外科勤務
2012年東京慈恵会医科大学柏病院外科、血管外科勤務
2014年東京慈恵会医科大学付属病院外科、血管外科勤務
2015年厚木市立病院外科、血管外科勤務
2017年埼玉循環器呼吸器病センター血管外科勤務

まずはお気軽に
ご相談ください

0120-612-900

診療時間10:00~19:00

  • 無料メール相談
  • 診察WEB予約