AGA特別外来男性型脱毛症治療

AGAとは

日本では、1000万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。つまりAGA(男性型脱毛症)がいわゆるハゲの原因なのです。一般的にAGAは30~50代の中年男性にみられる症状ですが、最近ではめ20代でもAGAの症状がみられています。
AGAは進行性の脱毛症ですので、治療をせずにいると徐々に髪の毛の数は減り続けていきます。
主に額の生え際や頭頂部のつむじ周辺から抜け毛が起こり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していく特徴があります。

AGAの原因

毛髪は1本1本寿命があり、ある一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。
正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。
それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンです。
DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。

AGAの原因 AGAの原因
リダクターゼ

αリダクターゼにはタイプⅠとタイプⅡの二種類が存在し、それぞれⅠ型DHTとⅡ型DHTを生成します。

AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプⅡの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在してるのです。

髪の成長期は2年から6年ほどあるのが通常ですが、DHTは、髪の成長期を数カ月~1年ほどにまで短縮します。成長期が短くなることで、太く長く成長するはずの毛髪が短く細い未熟な状態で成長が止まったり、抜け落ちてしまうのです。結果、ヘアサイクルが短くなることで、抜け毛が増え、薄毛になります。

AGAの進行パターン

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAには7段階の進行度があります。ハミルトン・ノーウッド分類と言い、アメリカのハミルトン医師が作った7段階の分類です(左イメージ参照)。この分類表を使って、現在のAGAがどのくらい進行しているのを確認し、その症状を把握したうえで症状に合ったベストな治療法を選択していくことができます。

ハミルトン

AGAの治療法

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンが毛乳頭細胞を攻撃していることが原因とされています。
DHTは毛母細胞の働きを妨げることで髪の成長を止め、細く弱い弱毛(じゃくもう)と呼ばれる髪を生み出します。弱毛はしっかりと成長する前に抜けてしまうのでAGAがどんどん進行していきます。
一方、フィナステリドを服用することで、DHTを増やす酵素(5αリダクターゼ)を抑制し、DHT自体の発生を抑えます。DHTの発生が抑えられることで当然弱毛が生まれにくくなりますので、太く、しっかりとした髪の毛が増えAGAの進行をSTOPさせることができるのです。

AGAの進行パターン

AGAの進行パターン

フィナステリドの効能

フィナステリドの効能
内容期間料金
HRタブレットFHRタブレットFフィナステリド 1mg含有初回限定1ヶ月1,800円
2回目以降1ヶ月3,000円

※SBCポイントの対象外となります
※SBCポイントはご使用いただけません
※チケットやクーポンの割引は対象外となります

発毛効果を実感したい方には
異なる3つの作用を持つ
HRタブレットセットがおすすめです。

当院のオリジナルタブレットは、3種類内服することで、薄毛の原因となる抜け毛を食い止め、発毛から育毛、増毛までと全ての薄毛の進行を食い止めるばかりか、以前のようにフサフサの頭髪に蘇らせてくれます。

  • Ai
    タブレットF抜け毛をストップ
  • Ai
    タブレットM発毛を促進する
  • Ai
    タブレットV髪の毛を太くする
  • ・AGAの進行を止める! 1錠中フィナステリド1mg配合のAGA治療薬のスタンダードでプロペシアのジェネリックです。AGAの進行をストップする働きがあり、AGA治療のファーストチョイスであり、かつ日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインが推奨するAランク治療です。
    現在の状態をキープすることを希望される方、まだAGAが発症する前の方で予防を希望する方は、このF一錠のみで十分です。AGAの遺伝が強く、進行が速い人は2錠から3錠まで内服することがあります。

    また、現在の薄毛状態を改善し、髪の毛の量を増やしたい方は次のMとV及び外用薬HRアクアの併用が必要になります。
  • ・髪の毛の量を増やす! 薄毛治療で定番の「ミノキシジル」を主成分とするタブレットM。頭皮の血行を改善し、発毛促進を促します。生活習慣や食生活の乱れで頭皮の環境が良くない男性に最適です。
    頭皮の環境が改善されることで、血行も良くなり毛細血管から毛乳頭へ栄養を補給することができるようになります。
    その結果、元気で太い髪の毛が生えるようになり頭皮が透けて見えるといった悩みを解決してくれるものです。ミノキシジル配合のタブレットを内側から内服することによって、更に髪の毛の発毛を促進する効果が期待できます。 ・タブレットFとの違い タブレットFは主にAGAが進行することによって引き起こされる抜け毛をストップさせるためのものでした。
    しかし、タブレットBは発毛を促す作用があるのです。FとMを併用することで、相乗効果が有ることが、医学的に実証されています。
    つまり、タブレットFでストップし、タブレットMで発毛させることで髪の毛は徐々に増えていくのです。
  • ・太く強くする! 髪の毛に必要なビタミン、ミネラルそしてアミノ酸製剤です。髪の毛にビタミン、ミネラルそしてアミノ酸が必要なのは昔から知られています。しかし、ワカメを食べてもひじきを食べても、あるいは市販のサプリメントを飲んでも、まずは重要な臓器で消費され、髪の毛には残り物しか到達しません。

    このタブレットVはビタミン、ミネラルそしてアミノ酸が髪の毛に十分な量が到着する特殊加工がされています。ですからタブレットVを内服すると髪の毛が太く、強くなります。
    つまり 三種のタブレットを内服することでAGAの進行を止め(F)、髪の毛の量を増やし(M)、太く強くすること(V)ができます。
  • Ai
    タブレットF抜け毛をストップ

    ・AGAの進行を止める! 1錠中フィナステリド1mg配合のAGA治療薬のスタンダードでプロペシアのジェネリックです。AGAの進行をストップする働きがあり、AGA治療のファーストチョイスであり、かつ日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインが推奨するAランク治療です。
    現在の状態をキープすることを希望される方、まだAGAが発症する前の方で予防を希望する方は、このF一錠のみで十分です。AGAの遺伝が強く、進行が速い人は2錠から3錠まで内服することがあります。

    また、現在の薄毛状態を改善し、髪の毛の量を増やしたい方は次のMとV及び外用薬HRアクアの併用が必要になります。

  • Ai
    タブレットM発毛を促進する

    ・髪の毛の量を増やす! 薄毛治療で定番の「ミノキシジル」を主成分とするタブレットM。頭皮の血行を改善し、発毛促進を促します。生活習慣や食生活の乱れで頭皮の環境が良くない男性に最適です。
    頭皮の環境が改善されることで、血行も良くなり毛細血管から毛乳頭へ栄養を補給することができるようになります。
    その結果、元気で太い髪の毛が生えるようになり頭皮が透けて見えるといった悩みを解決してくれるものです。ミノキシジル配合のタブレットを内側から内服することによって、更に髪の毛の発毛を促進する効果が期待できます。 ・タブレットFとの違い タブレットFは主にAGAが進行することによって引き起こされる抜け毛をストップさせるためのものでした。
    しかし、タブレットMは発毛を促す作用があるのです。FとMを併用することで、相乗効果が有ることが、医学的に実証されています。
    つまり、タブレットFでストップし、タブレットMで発毛させることで髪の毛は徐々に増えていくのです。

  • Ai
    タブレットV髪の毛を太くする

    ・太く強くする! 髪の毛に必要なビタミン、ミネラルそしてアミノ酸製剤です。髪の毛にビタミン、ミネラルそしてアミノ酸が必要なのは昔から知られています。しかし、ワカメを食べてもひじきを食べても、あるいは市販のサプリメントを飲んでも、まずは重要な臓器で消費され、髪の毛には残り物しか到達しません。

    このタブレットVはビタミン、ミネラルそしてアミノ酸が髪の毛に十分な量が到着する特殊加工がされています。ですからタブレットVを内服すると髪の毛が太く、強くなります。
    つまり 三種のタブレットを内服することでAGAの進行を止め(F)、髪の毛の量を増やし(M)、太く強くすること(V)ができます。

内容期間料金
HRタブレットセットHRタブレットセットF フィナステリド M ミノキシジル
V ビタミン/ミネラル/アミノ酸
1ヶ月13,030円
3ヶ月37,150円
初回限定
6ヶ月
59,880円
1ヶ月あたり
9,980円
6ヶ月70,400円
12ヶ月130,370円

※SBCポイントの対象外となります
※SBCポイントはご使用いただけません
※チケットやクーポンの割引は対象外となります

監修医師紹介

百川文健医師
横浜静脈瘤クリニック
百川 文健医師
保有資格
日本外科学会 外科専門医日本脈管学会 脈管専門医 / 下肢静脈瘤 血管内焼灼術指導医
経歴
2006年弘前大学医学部医学科卒業
2007年東京慈恵会医科大学付属病院初期研修
2009年東京慈恵会医科大学柏病院外科勤務
2010年厚木市立病院外科勤務
2011年春日部市中央総合病院外科勤務
2012年東京慈恵会医科大学柏病院外科、血管外科勤務
2014年東京慈恵会医科大学付属病院外科、血管外科勤務
2015年厚木市立病院外科、血管外科勤務
2017年埼玉循環器呼吸器病センター血管外科勤務
2020年横浜静脈瘤クリニック 院長