保険適応 レーザー治療

レーザー治療の特徴としては、痛みが少なく治療した当日に
歩いて帰れますし、次の日には仕事もできます。

また、術後の突っ張り感や違和感も早期に消失します。

エルベス1470

エルベス1470とは

従来の保険適用レーザー(エルベス980)と比べてレーザーの波長が1470nmに改善。生体内の水に対する反応が格段に強くなり、術後の痛みや内出血などがより減少し、患者様への負担が軽減されたことが特徴です。
また、ラディアル2リングファイバーという最新ファイバーを使用しておりますので、レーザーエネルギーを360度2か所から照射し、より正確に血管内の機能不全を解消することが可能となります。

波長1470nmとラディアル2リングファイバーを使用した治療で、厚生労働省にも認可された高い安全性と、患者様の負担を軽減した最新治療がエルベス1470となります。

レーザー治療のメリット

レーザー治療導入前のストリッピング手術との比較

比較項目【 ストリッピング手術 】【 レーザー治療 】
治療時間2時間前後局所麻酔のみで20分前後の治療
治療方法1弁の壊れた静脈を引き抜くレーザーで血管内から治療
治療方法2足にメスを入れ、切開手術を行い治療注射と同じで、切らずに治療
傷跡メスの跡が残る傷跡はほとんどなし
場合により2-3mmの切開をすることもあります。
術後1〜2週間の入院術後歩いて帰宅が可能
痛み術後の痛みが強い痛みはほとんどなし
合併症出血や神経障害などが発症合併症の危険性軽減

※効果には個人差がございます。

以前主流だったストリッピング手術と比較すると、レーザー治療は、負担の少ない安全な治療であり、治療時間も早くダウンタイムも少ないことがわかります。

レーザー治療 対象症例

伏在静脈瘤
下肢静脈瘤 潰瘍

監修医師紹介

百川文健医師
横浜静脈瘤クリニック
百川 文健医師
保有資格
日本外科学会 外科専門医日本脈管学会 脈管専門医 / 下肢静脈瘤 血管内焼灼術指導医
経歴
2006年弘前大学医学部医学科卒業
2007年東京慈恵会医科大学付属病院初期研修
2009年東京慈恵会医科大学柏病院外科勤務
2010年厚木市立病院外科勤務
2011年春日部市中央総合病院外科勤務
2012年東京慈恵会医科大学柏病院外科、血管外科勤務
2014年東京慈恵会医科大学付属病院外科、血管外科勤務
2015年厚木市立病院外科、血管外科勤務
2017年埼玉循環器呼吸器病センター血管外科勤務
2020年横浜静脈瘤クリニック 院長

まずはお気軽に
ご相談ください

0120-612-900

診療時間10:00~19:00

  • 無料メール相談
  • 診察WEB予約