自由診療 レーザー治療

皮膚照射レーザーで細かい静脈瘤の治療が可能に

ロングパルスYAGレーザー
(G-YAGレーザー)

ロングパルスYAGレーザー

足に血管が浮いて見える「網目状静脈瘤」、「クモの巣状静脈瘤」の治療は、患部である静脈の中に直接「硬化剤」を注射して、血管の内側の壁をくっつける「硬化療法」が主に行われていました。

最新の「ロングパルスYAGレーザー」では、硬化療法では難しいとされていた、細かいタイプの静脈瘤の治療にも対応し、治療が30分程度で済みます。
また、メスを入れない方法なので、体への負担も少なく、施術後はすぐに日常生活に復帰できるダウンタイムの少ない治療法です。

硬化療法と
ロングパルスYAGレーザーの比較

比較項目硬化療法レーザー
施術時間15〜30分15〜30分
施術方法針で薬剤を注入体外からレーザーを照射
対応血管の症状伏在型・網目・クモの巣網目・クモの巣
弾性ストッキング不要
リスク色素沈着、しこり赤み、かゆみ
保険診療自由診療

ロングパルスYAGレーザー
対象症状

網目状静脈瘤
クモの巣状静脈瘤

よくある質問

  • Q
    保険診療のレーザーとの比較
    A
    現在、下肢静脈瘤に対しての体外レーザーとしては、V beamと呼ばれるレーザーがあります。
    しかしながら、V beamは赤い色素にのみ反応するため、すべてのクモの巣、網目の静脈瘤には対応できませんし、やや深いところにある静脈瘤にも残念ながら効果は不十分です。
    その点、ロングパルスYAGレーザーは比較的に青から紫の静脈瘤にも対応し、さらに皮膚のやや深いところにある静脈瘤や、2-3mm程度の静脈瘤にも対応できます。
  • Q
    硬化療法とロングパルスYAGレーザー、どっちがいいの?
    A
    硬化療法は歴史のある治療方法です。
    硬化剤を直接静脈瘤の中に注入し、静脈をつぶす方法ですが、どうしても薬剤注入後に同部位のしこり、さらには色素沈着と呼ばれる血管の筋が残ってしまうこと、再発が多いことが言われています。
    その点、ロングパルスYAGレーザーは、一時的に血管が焦げたようになりますが、その後は自己の組織として徐々に見えなくなります。
    また、針で異物を注入するわけではないため、アレルギー反応や薬剤による影響を考慮しなくてもすみます。

    どちらも長所・短所があるため、どちらかを行った後に、もう一方の治療を行うこともあります。
  • Q
    副作用はありますか?
    A
    浮腫、手根管症候群、インシュリンに対する反応のわずかな低下や血圧の上昇、頭痛と視神経の腫脹による高血圧、甲状腺ホルモン生成の低下などが起こる場合があります。

監修医師紹介

百川文健医師
横浜静脈瘤クリニック
百川 文健医師
保有資格
日本外科学会 外科専門医日本脈管学会 脈管専門医 / 下肢静脈瘤 血管内焼灼術指導医
経歴
2006年弘前大学医学部医学科卒業
2007年東京慈恵会医科大学付属病院初期研修
2009年東京慈恵会医科大学柏病院外科勤務
2010年厚木市立病院外科勤務
2011年春日部市中央総合病院外科勤務
2012年東京慈恵会医科大学柏病院外科、血管外科勤務
2014年東京慈恵会医科大学付属病院外科、血管外科勤務
2015年厚木市立病院外科、血管外科勤務
2017年埼玉循環器呼吸器病センター血管外科勤務
2020年横浜静脈瘤クリニック 院長

まずはお気軽に
ご相談ください

0120-612-900

診療時間10:00~19:00

  • 無料メール相談
  • 診察WEB予約