TOP > 下肢静脈瘤とは > 下肢静脈瘤の初期症状を判断する方法は?

下肢静脈瘤に関する情報コラム

No.002下肢静脈瘤の初期症状を判断する方法は?

下肢静脈瘤の3大症状とは?

では、下肢静脈瘤の初期症状とはどんなものなのでしょうか。下肢静脈瘤は徐々に進行する病気なので、その症状も徐々に悪化します。多いのが、今まで感じたことのない疲れやむくみです。または、だんだんつる回数が増え、毎晩足がつるようになったことなどです。その際は、ボコボコな血管もだんだんふくらはぎに広がってくることが多いです。
 残念ながら足が黒く、硬い皮膚になってしまった人には痛みがあります。下肢静脈瘤の症状分類にはCEAP(シープ)分類というものがあり、進行度の目安になります。以下に記しますと、

C1:毛細血管や網目状の静脈瘤があるが、ボコボコではない。
C2:ボコボコな血管があるが、その他の症状はあまりない。
C3:ボコボコな血管とむくみがある。
C4:足にボコボコな血管と皮膚病変(湿疹や色素沈着など)がある。
C5:足の皮膚にボコボコな血管と治ってしまった潰瘍瘢痕がある。
C6:足にボコボコな血管と皮膚潰瘍がある。

これらがCEAP分類です。ちなみにレーザー適応はボコボコ血管があるC2以上です。むくみやクモの巣状の血管があるだけでレーザー治療を勧められることはガイドライン上ありえませんのでご注意ください。よく私の症状は重いですか?と聞かれることが多いですが、6段階で軽いほうから3番目ですね、といった言い方をしています。
あとよく見る症状としては、かなり血管のボコボコがひどい人は血管が張るような血管痛を言われる方もいます。

各コンテンツはこちらから

足の神経症状であるしびれは下肢静脈瘤ではない

なお、神経症状であるしびれは下肢静脈瘤ではありませんので、しびれが主体の方は、整形外科で腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの検査をお勧めします。また、何メートルか歩いたら、足がしびれてきて、休みと治るので休み休み歩いていますという人もいます。これは間欠性跛行という症状で足の動脈硬化であるASO、閉塞性動脈硬化症の疑いが強いです。この間欠性跛行は脊柱管狭窄症でも出るのですが、閉塞性動脈硬化症は足の静脈ではなく、動脈を診る血管外科を受診していただく形になります。簡単な検査でもわかりますので、足のしびれのある方には、下肢静脈瘤ではなく、上記の病気の検査をお勧めします。

まずはお気軽に
ご相談ください
0120-612-900
診療時間10:00~19:00
無料メール相談
診察WEB予約

 

この記事の関連コラム

監修医師紹介

2005年
広島大学医学部卒
独立行政法人国立病院機構 呉医療センター
2008年
りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 心臓血管外科
2010年
大阪大学医学部付属病院 心臓血管外科
2011年
Helsinki University Hospital Cardiac surgery 研究員
2012年
新宿血管外科クリニック勤務
2013年
湘南メディカルクリニック大阪院 院長
2015年
11th International Master Course in Phlebology 修了
エルベスレーザーユーザーズミーティング招待講演 『レーザー手術 最新の治療戦略について』
2016年
湘南メディカルクリニック横浜院 院長
2017年
横浜静脈瘤クリニック 院長
情報コラム一覧へ戻る
下肢静脈瘤治療実績
5,151症例
〜2019年1月現在
お気軽にご相談下さい
診療時間 10:00~19:00
予約制/日曜・月曜休診
土曜、祝日 診療しております
無料メール相談
診察WEB予約
クリニック案内
下肢静脈瘤専門
横浜静脈瘤クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル4階
提携クリニック
・横浜駅西口
 徒歩3分
横浜西共同ビル4階
ヨドバシカメラの2つ隣
横浜駅西口ダイヤモンド地下街 北8出口すぐ
西川医師ブログ
instagram
初診の方
簡易診断
メディア掲載
page top