TOP > 下肢静脈瘤とは > 下肢静脈瘤を放置してはいけない

下肢静脈瘤に関する情報コラム

No.006下肢静脈瘤を放置してはいけない

放置してはいけない、下肢静脈瘤

まず、下肢静脈瘤は放置してはいけません。以下にその理由を詳細に述べますが、説明会でも真っ先にお見せするのが、放置した方の足の写真です。
よく早期に治療しましょう!と言いますが、下肢静脈瘤の場合の早期とは、皮膚病変が出る前、つまり、足に赤い湿疹ができたり、色素沈着で黒くなる前の状態です。早期治療にこだわるのは、皮膚に変化が出る前のボコボコ血管だけの状態であれば、レーザー治療で痛みなく、きれいに治すことができるからです。しかし、湿疹がある方でも、かゆみなどはレーザーで逆流を止めた当日の夜から消失しますので、できるだけ早く逆流を止め、循環を正常化することをお勧めします。

下肢静脈瘤を放置するとどうなるの?

下肢静脈瘤を放置するとどうなるのかは、下肢静脈瘤がどのように進行していくかがわかれば、理解も早いです。まず、遺伝因子や妊娠、立ち仕事などで静脈の弁が壊れて、血液が逆流します。血液が逆流すると、きちんと血液が流れない状態になり、血液は静脈の中を行ったり来たりすることになります。これを静脈血のうっ滞と言います。

一度、静脈血がうっ滞すると、どんどん血液が溜まるようになり、どんどん圧力がかかってきて、血管が膨らんできます。これがコブ・瘤の形成です。このまま放置すれば、人間は立って生活しているので、重力でどんどんどんどん足の血管に圧がかかり、血管が膨らんで、範囲も広がっていきます。その後、膨らみ切った時点で、血管には小さな穴が開いているので、血液が漏れ、皮下脂肪に様々な血液成分が沈着します。血液中にはフェモジデリンなどの鉄分などもあるので、さびのように色を付けます。これが色素沈着です。また、静脈血は動脈と違い酸素が少ない血液なので、ふくらはぎの筋肉が酸欠状態になります。この酸欠状態が原因で、ある人は足がつるし、また、ある方の足の疲れや重だるい感じの原因となります。

もっともっと酸欠状態になると、脂肪に沈着した鉄分が固まってきます。これをLipo-dermato Sclerosis:皮膚脂肪硬化症といいます。この時点で皮膚は黒く色素沈着しているので、外見上は黒くて硬い机の様な皮膚になっています。この状態になると、ちょっと引っ掻いただけでも、その傷が慢性化し治らなくなります。これが皮膚潰瘍です。

この傷をして、潰瘍になって、治って、ということを繰り返していくと、足の皮膚や皮下脂肪の弾力は全てなくなり、硬い棒のような足になってしまいます。ちょっと触ってもずきんとした痛みを感じるようになり、歩くこともままなくなります。この状態では歩けなくなり、次第に寝たきりになってしまいます。寝たきりになり、全身状態がより悪化すると、抗生物質の効かない菌で感染症を引き起こしたりします。この頃には全く治癒力のない黒く硬いだけのミイラのような足になっていますから、敗血症という全身が感染している状態になった場合は、感染源である足を切断することもあり得ます。

下肢静脈瘤は保険適応レーザーで治療することができます。
まずは、専門医にご相談ください。
【下肢静脈瘤レーザー手術(血管内焼灼術)】
治療の説明 局所麻酔を行ったのち脚に細い針を刺し、レーザーファイバーを静脈の中に通し、中からレーザーを照射して静脈を焼灼閉鎖します。
治療の副作用 薬によるアレルギー、深部静脈血栓症、神経障害、血栓性静脈炎、太もも・ふくらはぎの皮下出血・痛み、その他の合併症などが起こる
可能性がございます。
費用 保険適用3割負担の手術代金:45,000円程度

下肢静脈瘤は早期発見・早期治療が大切です

実はこのストーリーですが、以前勤めていた国立病院で実際経験した症例に酷似しています。このような方を一人でも減らしたい!、その使命感もあって私は毎日診療を行っています。ですから、足のボコボコ血管は放置せずに、足が黒くなる前に早めに受診してください!

まずはお気軽に
ご相談ください
0120-612-900
診療時間10:00~19:00
無料メール相談
診察WEB予約

 

この記事の関連コラム

監修医師紹介

2005年
広島大学医学部卒
独立行政法人国立病院機構 呉医療センター
2008年
りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 心臓血管外科
2010年
大阪大学医学部付属病院 心臓血管外科
2011年
Helsinki University Hospital Cardiac surgery 研究員
2012年
新宿血管外科クリニック勤務
2013年
湘南メディカルクリニック大阪院 院長
2015年
11th International Master Course in Phlebology 修了
エルベスレーザーユーザーズミーティング招待講演 『レーザー手術 最新の治療戦略について』
2016年
湘南メディカルクリニック横浜院 院長
2017年
横浜静脈瘤クリニック 院長
情報コラム一覧へ戻る
下肢静脈瘤治療実績
5,151症例
〜2019年1月現在
お気軽にご相談下さい
診療時間 10:00~19:00
予約制/日曜・月曜休診
土曜、祝日 診療しております
無料メール相談
診察WEB予約
クリニック案内
下肢静脈瘤専門
横浜静脈瘤クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル4階
提携クリニック
・横浜駅西口
 徒歩3分
横浜西共同ビル4階
ヨドバシカメラの2つ隣
横浜駅西口ダイヤモンド地下街 北8出口すぐ
西川医師ブログ
instagram
初診の方
簡易診断
メディア掲載
page top