横浜静脈瘤クリニックTOP > 下肢静脈瘤とは > 下肢静脈瘤を治療する手術方法はどのようなものがあるの?

下肢静脈瘤に関する情報コラム

No.009下肢静脈瘤を治療する手術方法はどのようなものがあるの?

下肢静脈瘤の手術の目的は静脈の逆流をとめること

まず、下肢静脈瘤はなぜできるのかを理解しないと、治療法も理解できません。典型的な下肢静脈瘤は静脈の弁が壊れて血液が逆流することでできます。そうすると治療は、この逆流を止めることが大切になります。

逆流を止めるためにどうするか、まず、壊れた弁ごとダメになってふくらんでしまった血管を取ってしまう方法がわかりやすいです。これがストリッピング手術という、血管を引っこ抜く手術です。ストリッピング(stripping)というのは「引っこ抜く」という意味です。従来はこの方法しかなく、100年間以上ずっと行われてきた治療で、外科医の入門手術として、「アッペ、ヘルニア、ヘモ、バリックス」と言われる手術がありました。このうちの「バリックス(varix:静脈瘤)」が、このストリッピング手術に当たります。しかし、昨今、腹腔鏡のカメラの手術が発展するにつれ、「アッペ(虫垂切除)」や「ヘルニア(そけいヘルニア手術)」も外科医1年目の手術ではなくなり、高度化してしまいました。今、残っているのは「ヘモ(痔の手術)」くらいでしょうか。なお、ストリッピング手術は、痛みが強く、メスで皮膚を切らなければいけないなど侵襲も大きいため、現在では推奨されていません。アメリカの大きな静脈学会では、次に述べるレーザー手術を推奨しています。下肢静脈瘤もレーザー手術になってからは高度専門化しています。

もう一つの逆流を止める方法が、前述のレーザー治療です。正確には、「血管内焼灼術」、あるいは、「血管内レーザー手術」と言われるものです。これは注射のように皮膚に針を刺すだけの治療なので、痛みもありませんし、侵襲も小さいです。現在の下肢静脈瘤治療の主流になっています。弁の壊れた血管内にファイバーを入れ、血管内からレーザーを照射し、約600℃もの高温で血管を焼いて収縮させ、逆流を止めてしまう方法です。焼いてしまった血管は収縮し、最後は糸のように吸収されていきます。実際、半年もするとエコーで見えなくなります。患者さんは、手術したわけでもないのに、血管がなくなるということに不思議がられます。

下肢静脈瘤は焼いたり抜いたりしても問題ない?

ところで、血管を抜いたり、焼いたりしていいのか?という素朴な疑問ですが、人間は実は深い所の骨のそばにある太い静脈(深部静脈)さえあれば足の循環は事足りるのです。そして、静脈や毛細血管のネットワークが無数にあるので、今まで壊れた血管に流入していた血液は、深部静脈に新しく入るようになり、循環は正常化していきます。いっそのこと、下肢静脈瘤になる表面にある血管(伏在静脈)を無くしてしまえばいいのでしょうが、深部静脈が血栓で詰まった時などのバイパスになるので、重要になるときもあります。よって深部静脈に血栓のある方は、下肢静脈瘤の治療ができません。

あとはラジオ波の治療もあります。これは高周波を用い約100℃くらいの熱でじっくり血管を焼く治療です。レーザー治療と大差ありませんが、7cmずつ20秒間焼くので、血管が曲がりくねって蛇行の強い症例には行えないことと、デバイス(ファイバー)が高価であることが難点です。

手術方法は以上ですが、従来は、「高位結紮+硬化療法」という手術もよくおこなわれていました。ももの付け根の静脈だけ結紮といって結んでしまい、あとは硬化剤を入れて固める治療で、一時は流行病のように皆に行ったものですが、現在、この治療は絶対に再発するとわかっています。しかし、田舎の病院などでいまだにこの方法が行われていますので、注意が必要です。下肢静脈瘤は、「エルベス1470」という最新の保険適応レーザーがあり、12,000例以上など経験豊富な血管外科医が常勤しているクリニックで是非受けてください。

 

この記事の関連コラム

各コンテンツはこちらから

監修医師紹介

2005年
広島大学医学部卒
独立行政法人国立病院機構 呉医療センター
2008年
りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 心臓血管外科
2010年
大阪大学医学部付属病院 心臓血管外科
2011年
Helsinki University Hospital Cardiac surgery 研究員
2012年
新宿血管外科クリニック勤務
2013年
湘南メディカルクリニック大阪院 院長
2015年
11th International Master Course in Phlebology 修了
エルベスレーザーユーザーズミーティング招待講演 『レーザー手術 最新の治療戦略について』
2016年
湘南メディカルクリニック横浜院 院長
2017年
横浜静脈瘤クリニック 院長
情報コラム一覧へ戻る

【下肢静脈瘤レーザー手術(血管内焼灼術)】

治療の説明:局所麻酔を行ったのち脚に細い針を刺し、レーザーファイバーを静脈の中に通し、中からレーザーを照射して静脈を焼灼閉鎖します。
治療の副作用:薬によるアレルギー、深部静脈血栓症、神経障害、血栓性静脈炎、太もも・ふくらはぎの皮下出血・痛み、その他の合併症などが起こる可能性がございます。
費用: 保険適用3割負担の手術代金:45,000円程度

まずはお気軽に
ご相談ください
0120-612-900
診療時間10:00~19:00
無料メール相談
診察WEB予約
下肢静脈瘤治療実績
5,759症例
〜2019年9月現在
お気軽にご相談下さい
診療時間 10:00~19:00
予約制/日曜・月曜休診
土曜、祝日 診療しております
無料メール相談
診察WEB予約
クリニック案内
下肢静脈瘤専門
横浜静脈瘤クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル4階
提携クリニック
・横浜駅西口
 徒歩3分
横浜西共同ビル4階
ヨドバシカメラの2つ隣
横浜駅西口ダイヤモンド地下街 北8出口すぐ
西川医師ブログ
instagram
初診の方
簡易診断
メディア掲載
page top